トップページ  >  メンバー紹介  >  桶谷 直剛

メンバー紹介

司法書士 桶谷 直剛

一言

司法書士の仕事には、不動産登記、会社の登記、供託の手続き代理、裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成、簡易裁判所における訴訟・調停・和解等の代理、法律相談、企業に関する法律事務を行う企業法務、成年後見事務、多重債務者の救済、消費者教育などがあります。

私は、この中のほとんどの仕事をしていますが、その中でも特に、不動産登記・会社の登記は大の得意分野です。また最近では、成年後見の仕事も増え得意分野になりつつあります。

そして、この仕事の中でも私が特に好きなのが、住宅の売買の登記の仕事です。売主さん買主さんその他関係者の方が揃う中で書類を確認し、「間違いなく登記できます」と告げたときにはその場にいる全ての方が安心された顔をします。特に買主さんは本当に嬉しそうな顔をされます。その顔を見ることが喜びであります。また、相続などで何をどうしたらいいかわからないというときに、手続を説明し、任務が完了した際、依頼者の方のほっとした顔を見ると、この仕事をしていてよかったと思います。

私が仕事の中で心掛けているのは、迅速であり丁寧であるということです。当然のことですが、登記の仕事は、人や会社の権利関係を公示し対抗要件を備えるための仕事なので、一瞬でも早くまた確実な内容を登記に反映させなければなりません。そのためには普段から新しい知識を仕入れ、依頼者の話を細部まで詳しく理解するということに最も力を入れています。

依頼者の方の嬉しそうな顔やほっとした顔を見るために、これからも迅速に丁寧に仕事をしていこうと思っています。

top